シスター景山 謝罪と感謝、そして共働

〝皆さま、ごきげんいかがですか〟

 異国の地で祈り働き続ける90歳の日本人シスター、景山ひろさんが、戦争の記憶や女性の生き方、そして隣人愛について語る。
空襲を体験し、死線をさまよった少女時代。
女性リーダーの先駆けとなった学友たち(緒方貞子さんら)と過ごした青春時代。
長崎県佐世保市の聖和女子学院では校長や理事長として、信仰の道を生徒たちと共に歩んだ。そして今、フィリピンで飢餓と貧困に向き合う。

 本書は、西日本新聞朝刊に連載された聞き書き「謝罪と感謝、そして共働」(2020年10月6日~12月5日)に加筆、修正したものです。景山さんは「先の大戦で日米が激突したフィリピンでは女性や子どもを含む多くの市民が殺りくされました。それでも日本を許してくれたこの国の寛大な精神に感動し、汗を流しています」と語ります。その思想の根幹にあるのは、新約聖書にある「善きサマリア人のたとえ」。イエスが人種や国籍、宗教の垣根を越え、苦しむ人に寄り添う「隣人愛」を示したと言います。

 戦争の記憶が薄れる今、景山さんの戦争体験は後世に伝えるべき貴重なくだり。
90歳の淑女の生き方が、女性蔑視が根強く残る現代社会に光ります。

景山ひろさんについて
 1930 年2 月10 日、東京生まれ。カトリック系の聖心女子大大学院を修了。1955 年、「善きサマリア人修道会」へ入会。長崎県佐世保市の聖和女子学院に通算30 年近く勤め、教師から校長、理事長などを歴任した。2021 年現在、フィリピン・バコロドの貧民街で宣教中。活動の柱は貧しい子どものための幼稚園運営や奨学金付与、女性自立支援など。

山上武雄 著
136ページ/四六判/並製/本体1,300円+税
ISBN978-4-8167-0990-6 C0036
2021年2月27日発行

¥ 1,430

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト運輸

    全国一律 350円

※3,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する