希望の一滴 中村哲、アフガン最期の言葉

銃撃から一年。追悼、中村哲。


飽食、不寛容、温暖化・・・この世界に生かされている私たちが読むべき1冊

2019年12月にアフガニスタンで凶弾に倒れた中村哲医師の寄稿を再編集した本です。
亡くなる直前の同月2日に西日本新聞朝刊に掲載された原稿を含め、
2009年から10年にわたって書き続けた連載を一冊にまとめました。

沙漠化した土地に水を導き、多くの人々の命を救った中村医師。
泥にまみれ、宗教や慣習の違いを受け入れ、
命の危険さえ感じながらも活動を続けてきた著者の言葉は、
何が虚構で何が真実かを見極める目を養えと、
今を生かされている私たちに訴えます。

著者の活動を支援してきた福岡市のNGOペシャワール会の協力のもと、
本人やスタッフが撮影した数々の写真を収載したのが本著の特徴です。
芥川賞作家火野葦平を伯父にもつ中村医師は、書いて訴える「言葉の人」でした。
本著は、10冊近くある既刊書とは趣を異にし、
オールカラー写真で見るアフガンの風景や人々の表情が著者の文章を裏打ちします。
いわゆる写真家が撮影した写真ではありませんが、
映し出された人々の表情は、
長年にわたり現地で人々に寄り添ったからこそ撮れる、偽りのないものです。

本紙への寄稿原稿は、中村医師の事業報告であり、時事評論や随想でもあります。
一冊の本にするにあたり、
本文に出てくる用語などには、出版元の責任で脚注を追加し、
読者が当時の社会情勢を振り返りやすくしています。
米同時多発テロをリアルタイムで知らない若い世代にも手に取ってほしいと願うからです。
中村哲という人物の功績をたたえるだけにとどまらず、
彼が抱き続けた世の不条理への怒りや自然への敬意を感じながら、
温暖化や自国第一主義がまん延する今の世界を、どう生きるべきか
読者が考える材料となることを期待しています。


「見捨てられた小世界で心温まる絆を見いだす意味を問い、
近代化のさらに彼方を見つめる」
(西日本新聞2019年12月2日朝刊に掲載された絶筆原稿から抜粋)

中村哲 著
192ページ/A5判/並製/オールカラー/本体1,500円+税
ISBN978-4-8167-0988-3 C0036
2020年12月17日発行

¥ 1,650

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト運輸

    全国一律 350円

※3,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する