季刊のぼろ Vol.31(2021・冬)


 第1特集は「阿蘇復興登山」。
洞爺湖や十和田湖、錦江湾など日本各地のカルデラの中で阿蘇が特別なのは、カルデラでできたくぼ地で人々が暮らしを営んでいること。
足で、すぐ目の前で、全身で、太古の地球が造った迫力を感受でいる奇跡の場所。しかも、東西南北どこからでも。
火砕流が作ったなだらかな南阿蘇・北阿蘇の平野部から、同じく火砕流の台地・外輪山に登るのもいい。中心にどっかと据わる急峻な阿蘇山群の谷を登るのもいい。阿蘇は登山者を飽きさせません。
それが、 2016 年 4 月の大地震で一変、道は崩れ、店は閉じ、私たちは立ち入りができなくなりました。
あれから4年半。私たちは「阿蘇の大自然をもう一度」とかつての道をたどり、整備に尽力された方々がいると聞き、会いに行きました。そこで出てきた話はただの「復旧」ではありませんでした。
今号の特集は阿蘇の山々を愛し、地震後にその魅力を見つめ直した地元の皆さんによるルートガイドです。キーワードは「新たな阿蘇へ、ようこそ」。 20年8月に豊肥本線全線が復旧し、 21年3月には新しい阿蘇大橋が開通します。行き来もしやすくなった阿蘇を、歩こう。地元の皆さんの案内で。

1.倶利伽羅谷「ROPE ADVENTURE ACADEMY」 伊藤幸蔵さん
2.地獄温泉「青風荘」河津誠さん
3.夜峰山「マルデン・REASO」増田一正さん
4.根子岳東峰「モンベル南阿蘇店」山本幸一さん
5.兜岩「北外輪山トレッキング協議会」後藤止博さん
6.阿蘇の大地と神話 「阿蘇火山博物館」永田鉱樹さん
7.高岳・中岳を歩く
●山好きなら行きたい阿蘇のスポット

 第2特集は「暖冬に雪を求めて」。
近年は暖冬傾向が続いています。冬山の代名詞である「雪山」は、特に九州では登る機会が少なくなっています。
やはり雪山に入りたいという登山者も多くいるのも事実。昨冬、私たちは九州(一部、九州外)で積雪する可能性が比較的高い山に狙いを定め、天候に注視しながら、その時を待ちました。
寒気が流れ込むタイミングに合わせて取材を敢行。この道を歩いた執筆陣が、雪が解けるような熱気でお届けする冬山の魅力にご期待ください。
<紹介コース>
1.向坂山(宮崎県五ヶ瀬町)
2.涌蓋山(熊本県小国町)
3.脊振山(福岡市)
4.岩宇土山(熊本県八代市)
5.比婆山(広島県庄原市)

【単発企画】
●「続・高年登山」
●「風力発電建設に迫る」
●「事故検証ルポ」福岡・井原山 洗谷ルートで遭難ほか
●くじゅう山系ルポ 登山道3ルート復旧着手へ

【連載企画】
●「これが私の山スタイル」あなたの山の醍醐味は何ですか?
●「そうだ! 読者に会いに行こう 山好きさん、こんにちは」
●「のぼろ図書館」「アレックスと私」アイリーン・M・ペパーバーグ 高倉美恵
●Best Route In Winter
・多良岳(佐賀県太良町)
・八郎岳(長崎市)
・白滝山(山口県岩国市)
●低山万歳
・砥上岳(福岡県筑前町)
・七高山巡り(長崎市)
●ショット プロの一枚/こう撮ろう プロのアドバイス
●Question 山の保険、どう選んだらいい?
●季節の情報盛りだくさん 九州のアウトドアイベント
●読者のページ  山好きさん、いらっしゃ~い!
●読者プレゼントページ
●バックナンバーと定期購読のお知らせ
●山の招待状 「今年は寒い冬?」 永島俊介
●読者プレゼント、おたよりの応募はこちら! アンケート応募用紙

西日本新聞社 編
128ページ/A4判変型/本体909円+税
ISBN978-4-8167-0986-9 C0075
2020年12月11日発行

¥ 1,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト運輸

    全国一律 350円

※3,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する